DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
13号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/446

Title: S波多重反射理論による名古屋地盤の地震応答計算
Other Titles: Sハ タジュウ ハンシャ リロン ニヨル ナゴヤ ジバン ノ ジシン オウトウ ケイサン
Responce Spectra of the Ground in Nagoya Area
Authors: 飯田, 汲事
正木, 和明
坪井, 利弘
IIDA, Kumiji
MASAKI, Kazuaki
TSUBOI, Toshihiro
Issue Date: 31-Mar-1978
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 名古屋地盤33地点における地盤増巾度曲線をHerrera and RosenbluethのS波多重反射理論を用いて熱田層上面を地震基盤面とした場合,第三紀矢田川累層上面を地震基盤面とした場合の二つのケースについて求めた.得られた増巾度と基盤のS波速度に対する地表のS波速度の比とを比較した結果,速度比が小さい程増巾度が大きいことがわかった.また,地震被害率との関係も調べたが,増巾度が大きい程被害率も大きいことがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/11133/446
Appears in Collections:13号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要13号B(P181-190).pdf982.96 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback