DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
14号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/516

Title: 化学的酸化法による全有機態炭素の測定
Other Titles: カガクテキ サンカホウ ニヨル ゼン ユウキタイ タンソホウ ノ ソクテイ
Determination of Total Organic Carbon in Sea Water by Chemical Oxidation Methode
Authors: 太田, 洋
平田, 勇夫
OHTA, Hiroshi
HIRATA, Isao
Issue Date: 31-Mar-1979
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 排水などの汚染指標として重要視されてきた全有機態炭素の化学的酸化法による実験条件の検討ならびに海水の場合の測定条件の検討を行なった。無機農袋態炭素はピーク高さによる検量線が曲線となるが全有機能炭素は面積,高さとも好結果を得た。いずれも変動係数は2%であった。アンプルは500~550℃4時間以上空焼きしないとブランク値が一定しなかった。試料量は検量線に差を生じ一定にする必要があった。海水の場合は塩素イオン量に応じて測定値の減少がみられた。又除湿剤(MgClO_4)の交換直後はピーク高さ,面積とも高くなった。
URI: http://hdl.handle.net/11133/516
Appears in Collections:14号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要14号B(P353-358).pdf610.39 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback