DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
14号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/514

Title: においの強度と濃度の間の相関に関する考察(第2報)
Other Titles: ニオイ ノ キョウド ト ノウド ノ アイダ ノ ソウカン ニ カンスル コウサツ (ダイ 2 ホウ)
An Attempt to Relate the Gross Intensity of a Compound Odor to the Total Concentration of Ingredients
Authors: 佐野, 惈
佐野, 愛知
SANO, Isamu
SANO, Aichi
Issue Date: 31-Mar-1979
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 筆者は前報で混合臭の強度と濃度の間の関係式を誘導しその実際との適合性を検討したが,本報でも,前報と同様に,硫黄系悪臭化合物(硫化水素,メチルメルカプタン,硫化メチル,二硫化ジメチルなど)の混合臭に関する環境調査の結果を資料として式の妥当性を査証し,併せてその誘導のための前提条件の緩和について考察した。
URI: http://hdl.handle.net/11133/514
Appears in Collections:14号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要14号B(P31-35).pdf349.24 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback