DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
14号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/512

Title: 悪臭物質の保存性に関する研究(第2報) : メチルメルカプタンの保存とその経時変化
Other Titles: アクシュウ ブッシツ ノ ホゾンセイ ニカンスル ケンキュウ : ダイ 2 ホウ メチルメルカプタン ノ ホゾン ト ソノ ケイジ ヘンカ
Studies of Malodor : 2. Concentration Change of Methyl Mercaptane during the Preservation after Sampling
Authors: 佐野, 惈
市川, 俊子
村手, 哲雄
坪井, 勇
SANO, Isamu
ICHIKAWA, Toshiko
MURATE, Tetsuo
TSUBOI, Isamu
Issue Date: 31-Mar-1979
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: メチルメルカプタンを保存する間の濃度変化を経時的に測定して濃度が減少することを認め,メルカプタンが器壁に吸着するためであることを知った。その他,水分や酸素の影響を実験した結果,水分の影響が大きく,メルカプタンが保存用容器(ガラス瓶)の器壁内部へ拡散することを推定した。
URI: http://hdl.handle.net/11133/512
Appears in Collections:14号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要14号B(P21-29).pdf747.93 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback