DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
14号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/498

Title: 1978年宮城県沖地震の被害調査 : 地盤,構造物,墓石等の被害について
Other Titles: 1978ネン ミヤギケン オキ ジシン ノ ヒガイ チョウサ : ジバン コウゾウブツ ボセキ トウ ノ ヒガイ ニツイテ
Damage to Ground, Structures and Grave Stones Caused by the 1978 off Miyagi Earthquake
Authors: 谷口, 仁士
正木, 和明
坪井, 利弘
飯田, 汲事
TANIGUCHI, Hitoshi
MASAKI, Kazuaki
TSUBOI, Toshihiro
IIDA, Kumiji
Issue Date: 31-Mar-1979
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 東北6県に多くの被害をもたらした宮城県沖地震は都市機能の中枢ともいうべき,生活基盤に重要な電力,ガスや水道,また耐震的であるとされていたRC構造物,ブロック塀等の小構造物の被害を浮きぼりにした。筆者らは,建築・土木構造物の被害および地盤災害の調査を行なった結果,建築構造物の被害は仙台市に集中し,特に卸町で大きく,そのほとんどはRC構造のピロティー形式でせん断破壊によるものが多いことがわかった。橋梁の被害のほとんどは支承部および下部構造に限られていた。墓石転倒調査から推定される工学的震度は宮城県中部で0.40以上と大きいが県北部や岩手県南部で0.38と小さくなっていることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/11133/498
Appears in Collections:14号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要14号B(P167-177).pdf6.3 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback