DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
10号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/414

Title: 正負繰返し荷重を受ける軽量鉄筋コンクリートばりのせん断耐力とじん性におよぼす供試体寸法の影響について
Other Titles: The Effect of the Dimensions of Test Specimens on the Shear Capacity and Ductility Factor of Lightweight Reinforced Concrete Beams under Cyclic Loading
Authors: 小池, 狹千朗
KOIKE, Sachio
Issue Date: 30-Mar-1975
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 塑性域の正負繰返し荷重を受ける軽量RCばりのせん断耐力と変形性能,とくにductility factorに及ぼすa/d比,主筋比,あばら筋比,コクリート強度並びに供試体寸法の影響については不明な点が多い.はりのせん断ひびわれにより脆性的にせん断破壊する部材の力学的性状を実験的に調べて,実際の構造物に適用するための資料となすため,4種類の供試体寸法を有する合計20体のRCはり(a/d=2.0,Pt=Pc=1.40%)について,多数回の正負繰返し曲げ・せん断試験を実施しており,現在15本の試験が終了したところである.現在までに判明した点について報告する.
URI: http://hdl.handle.net/11133/414
Appears in Collections:10号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要10号ノート(P269-277).pdf1.08 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback