DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.13(2020) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3916

Title: 6号砕石を有するポーラスコンクリートの静弾性係数・圧縮強度と粗骨材の容積率の関係
Other Titles: 6ゴウ サイセキ オ ユウスル ポーラス コンクリート ノ セイダンセイ ケイスウ・アッシュク キョウド ト ソコツザイ ノ ヨウセキリツ ノ カンケイ
Authors: 山本, 貴正
大畑, 卓也
河野, 伊知郎
YAMAMOTO, Takamasa
OHATA, Takuya
KONO, Ichiro
Keywords: 結合材
実積率
締固め
全空隙率
近似値
Issue Date: 31-Oct-2021
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: ポーラスコンクリートの調合設計において,粗骨材の容積率は,一般に,実積率とする。しかし,混練されたポーラスコンクリートは,粗骨材に結合材が被覆されるため,粗骨材の容積率が実積率と比較して低くなることがある。そこで,ポーラスコンクリートの静弾性係数と圧縮強度について,粗骨材の容積率に着目して実験的に検討をした。その結果,型枠へ打設した直後の粗骨材の容積率と全空隙率は,標本平均では正,同一試験条件の観測値では負の関係があること,粗骨材の容積率を控除した全空隙率は,静弾性係数および圧縮強度と関連があるなどの知見を得た。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3916
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震13号研究論文21(p94-p99).pdf4.06 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback