DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.13(2020) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3907

Title: 鋼管と鋼繊維を併用したハイブリッド型横拘束モルタルの支圧特性に関する基礎的研究
Other Titles: コウカン ト コウセンイ オ ヘイヨウ シタ ハイブリッドガタ ヨコ コウソク モルタル ノ シアツ トクセイ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ
Authors: 関, 俊力
小川, 大貴
瀬古, 繁喜
山田, 和夫
SEKI, Toshikatsu
OGAWA, Daiki
SEKO, Shigeki
YAMADA, Kazuo
Keywords: 鋼管
外的拘束
鋼繊維
内的拘束
支圧強度
累加強度
相乗効果
エンドクロニック理論
Issue Date: 31-Oct-2021
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 本研究では,鋼管による外的拘束と鋼繊維による内的拘束を同時に受けるハイブリッド型横拘束モルタルを取り上げ,ハイブリッド型横拘束によって期待できる支圧特性の改善効果に及ぼす鋼管,鋼繊維およびそれらの相乗効果の影響について,一連の実験的および解析的検討を行った。その結果,鋼管と鋼繊維を併用したハイブリッド型横拘束モルタルの支圧強度は,支圧径が小さくなると鋼管と鋼繊維の併用による相乗効果が若干期待できるが,前報で示した離散的に横拘束する帯筋と鋼繊維を併用した場合ほどの相乗効果は期待できず,その効果は鋼管と鋼繊維による累加支圧強度に対して約16%増程度であることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3907
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震13号研究論文1(p15-p20).pdf4.8 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback