DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
09号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/377

Title: 資本の企業会計法構造(その1)
Other Titles: The Structure of the Business Accounting Method in the Capital(I)
Authors: 工藤, 市兵衛
早川, 巌
KUDO, Ichibei
HAYAKAWA, Iwao
Issue Date: 30-Mar-1974
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 企業は,営利の目的をもって継続的に事業を行う人物・物的な組織体であるから,そこでの資本と利益の関係をめぐる諸問題は,企業の生理を形成するものとして,もっとも基本的である.この論文の研究対象は.直接には,企業の物的側面である資本と利益の関係が,その人的側面である出資者と債権者の利害の対立と,いかに交錯しているかという問題であるが,この間題の背後には,つねに「企業」そのものをひかえているので,窮極的には,これを通じて企業の本質を探究することを目指している.この論文ではこのような対象を把握するための方法的基礎として,資本と利益の概念及びその政策の問題をとりあげて考え,政策論としては,出資者(株主)と債権者の利害の対立関係の諸態様について考察する.
URI: http://hdl.handle.net/11133/377
Appears in Collections:09号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要9号(P131-140).pdf1.5 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback