DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.12(2019) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3713

Title: 鉄筋を内蔵したコルゲートチューブとモルタルとの付着性能に関する基礎研究
Other Titles: テッキン オ ナイゾウ シタ コルゲート チューブ ト モルタル トノ フチャク セイノウ ニ カンスル キソ ケンキュウ
Authors: 山本, 貴正
大畑, 卓也
山田, 和夫
YAMAMOTO, Takamasa
OHATA, Takuya
YAMADA, Kazuo
Keywords: 片側引抜き試験
非付着区間
かぶり厚
付着割裂破壊
曲げひび割れ
最大曲げモーメント
Issue Date: 31-Oct-2020
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 塀や間仕切り壁に使用される空洞レンガ積みは,美観性をさらに高めるため,かぶり厚を規定されている制限値以下にすることが望まれている。著者らは,コルゲートチューブ(CT)の芯に無被覆鉄筋を配置し,隙間にグラウト材を充填した補強筋(鉄筋内蔵CT)を従来の鉄筋の代替とすれば,上述の望みを満たせると考えた。本論では,鉄筋内蔵CTとモルタルとの付着性能について実験的に検討し,その結果,鉄筋内蔵CTの付着応力伝達機構は,その通常の鉄筋と同程度の可能性があること,鉄筋呼び名D10が中央に配置されたモルタルの最大曲げモーメントに及ぼすCT有無およびCT径それぞれの影響は表れにくい,などの知見を得た。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3713
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震12号研究論文26(p89-p94).pdf3.38 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback