DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.12(2019) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3701

Title: 孔あき鋼板ジベルの定量的耐荷性能評価に向けたFEMの留意点に関する一考察
Other Titles: アナアキ コウハン ジベル ノ テイリョウテキ タイカ セイノウ ヒョウカ ニ ムケタ FEM ノ リュウイテン ニ カンスル イチコウサツ
Authors: 宗本, 理
鈴木, 森晶
嶋口, 儀之
MUNEMOTO, Satoru
SUZUKI, Moriaki
SHIMAGUCHI, Yoshiyuki
Keywords: times
italic
10pt
one blank line below abstract
indent if key words exceed one line
Issue Date: 31-Oct-2020
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: これまで孔あき鋼板ジベルの耐荷性能に影響を及ぼす各種要因に関する実験的研究により有用なせん断耐力評価式が提案されている一方で,著者らの研究も含め数値解析による十分な検討が行われているとは言い難い。そこで本研究では,様々な分野で使用され汎用性の高いFEMをベースとし,異なる拘束条件下における孔あき鋼板ジベルの耐荷性能に着目した。具体的には,一定の側圧を与えた一枚板の押抜きせん断試験とCT鋼を用いた押抜きせん断試験を対象に,低側圧下の3軸圧縮強度試験に基づいた修正Druckerの降伏基準や幾何学的な工夫として導入したせん断破壊を模擬したずれ要素の妥当性や適用範囲などの留意点についてまとめた。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3701
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震12号研究論文32(p111-p119).pdf4.98 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback