DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
09号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/369

Title: 臭気調査の一例 : 強度分布の決定とその考察(第2報)
Other Titles: Studies of Malodors : Organoleptic Determination of the Odor Intensity Distribution around a Kraft Pulp Mill(II)
Authors: 佐野, 惈
鶴泉, 彰恵
太田, 洋
大矢, 公彦
SANO, Isamu
TSURUIZUMI, Akie
OHTA, Hiroshi
OHYA, Kimihiko
Issue Date: 30-Mar-1974
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 種々の公害の中,臭気は,現在のところ,その対策がほとんど成果を上げていない有様にある.筆者らは春日井市の依頼により数年来王子製紙(株)春日井工場周辺の臭気の分布状況を調査しているが,今回も昭和48年3月に喚覚感能法により調査したのでその結果を報告することにした.調査の結果は臭気の分布状況が気象要素(風向,風速,晴曇など)によって影響されることを示しているが,これに閲し,気象学的に考察して臭気が距離の2乗に逆比例して稀釈されることを確かめることができた.
URI: http://hdl.handle.net/11133/369
Appears in Collections:09号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要9号(P219-226).pdf680.01 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback