DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.11(2018) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3567

Title: 鉄筋を被覆しているコルゲートチューブとセメント硬化体の付着性能に関する基礎研究
Other Titles: テッキン オ ヒフク シテイル コルゲート チューブ ト セメント コウカタイ ノ フチャク セイノウ ニカンスル キソ ケンキュウ
Authors: 山本, 貴正
熊谷, 莱祐
波多野, 結依
今岡, 克也
YAMAMOTO, Takamasa
KUMAGAI, Mayu
HATANO, Yui
IMAOKA, Katsuya
Keywords: 片側引抜き試験
非付着区間
最終破壊状況
モルタル
ポーラスコンクリート
Issue Date: 31-Oct-2019
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 著者らは,幅広い分野で使用されている安価なコルゲートチューブで鉄筋を覆い,その隙聞にグラウト材を充填(鉄筋被覆 CT) することで,低コストで鉄筋コンクリート系構造物の中性化・塩害を抑制,また近年,地球環境との調和を担う材料として注目されているポーラスコンクリートを長期的に補強できると考えた。そこで,まず,鉄筋被覆 CTの基本的な付着性能について,片側引抜き試験を通じて,実験的に検討した。その結果,鉄筋被覆 CTと母材モルタルおよび母材 POCの付着応力伝達機構は,付着応力度の大小を除き,無被覆鉄筋と同様であるなどの知見を得た
URI: http://hdl.handle.net/11133/3567
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震11号研究論文20(p85-p90).pdf3.79 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback