DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.11(2018) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3562

Title: 鋼繊維によって内的拘束を受けるモルタルの支圧特性に及ぼす多軸効果成分とせん断抵抗成分の影響に関する基礎的研究
Other Titles: コウセンイ ニヨッテ ナイテキ コウソク オ ウケル モルタル ノ シアツ トクセイ ニオヨボス タジク コウカ セイブン ト センダン テイコウ セイブン ノ エイキョウ ニカンスル キソテキ ケンキュウ
Authors: 高橋, 拓也   
関, 俊力
瀬古, 繁喜
山田, 和夫
TAKAHASHI, Takuya
SEKI, Toshikatsu
SEKO, Shigeki
YAMADA, Kazuo
Keywords: コンクリート
鋼繊維
内的拘束
支圧特性
多軸効果
せん断抵抗
エンドクロニック理論
Issue Date: 31-Oct-2019
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 本研究では,鋼繊維によって内的拘束を受けるモルタルの支圧特性に及ぼす多軸効果成分とせん断抵抗成分の影響について一連の検討を行った。その結果,既提案の推定式による鋼繊維補強モルタルの支圧強度推定値は,せん断抵抗が無い試験体では過大評価となること,支圧強度に及ぼすせん断抵抗の影響は,本提案の支圧強度推定式を用いることで精度良く評価できること,鋼繊維補強モルタルの荷重一軸変位関係は,鋼繊維による多軸効果成分と支圧部 ・かぶり部境界面で生じるせん断抵抗成分の和として評価でき,せん断抵抗成分は,支圧径および水セメント比が小さく鋼繊維量が多いほど増大すること,などが明らかとなった。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3562
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震11号研究論文2(p21-p26).pdf3.97 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback