DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.11(2018) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3544

Title: RI 中性子線測定装置による鋼板内側でのコンクリートの空洞と滞水 の検出に関する研究
Other Titles: RI チュウセイシセン ソクテイ ソウチ ニヨル コウハン ウチガワ での コンクリート ノ クウドウ ト タイスイ ノ ケンシュツ ニカンスル ケンキュウ
Authors: 瀬古, 繁喜
神頭, 峰磯
山田, 和夫
SEKO, Shigeki
KOZU, Mineki
YAMADA, Kazuo
Keywords: ラジオアイソトー プ
中性子線
鋼板
空洞
滞水
減速材
Issue Date: 31-Oct-2019
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 鋼コンクリ ー ト合成床版等において,鋼板の内側でのコ ンク リー トの充填不良を検出する方法として,RI 中性子線測定装置を用いた手法の適用を実験的に検討した。打込み直後に空洞を測定する場合と硬化後に空洞を水で満たした状況を測定する場合,および硬化後の空洞で測定装置の減速材の位置や厚さを変えた実験を行った。その結果, RIカウント低下量はフレッシュ状態の空洞の場合には空洞の厚さが大きいと大きくなるが,滞水の場合は空洞の厚さの二乗に比例して大きくなること,減速材の効果は,既往の結果も含める と検出管側 に設置して厚さを2mm~5mm とするときにRIカウントの低下量が大きくなることが分かった。
URI: http://hdl.handle.net/11133/3544
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震11号研究論文1(p15-p20).pdf3.32 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback