DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.10(2017) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/3468

Title: 高周波静電容量測定装置の電極の寸法と配置が測定範囲に及ぼす影響に関する研究 : その3) : 比誘電率が異なる材料における空洞深さと測定値の関係に関する実験
Other Titles: コウシュウハ セイデン ヨウリョウ ソクテイ ソウチ ノ デンキョク ノ スンポウ ト ハイチ ガ ソクテイ ハンイ ニオヨボス エイキョウ ニカンスル ケンキュウ : ソノ 3) : ヒユウデンリツ ガ コトナル ザイリョウ ニオケル クウドウブカサ ト ソクテイチ ノ カンケイ ニカンスル ジッケン
Authors: 瀬古, 繁喜
山田, 和夫
関, 俊力
SEKO, Shigeki
YAMADA, Kazuo
SEKI, Toshikatsu
Keywords: 高周波静電容量
電極間距離
比誘電率
測定範囲
空洞
深さ
Issue Date: 30-Oct-2018
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
URI: http://hdl.handle.net/11133/3468
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震10号研究論文9(p43-p44).pdf1.17 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback