DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
08号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/333

Title: 基本的なWien Bridge回路による超低周波発振器について
Other Titles: Ultra Low Frequency Oscillater by Basic Wien Bidge Circuit
Authors: 鈴木, 郊宇
SUZUKI, Kou
Issue Date: 30-Mar-1973
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: CR発振器の振幅制限回路に,サーミスターの如く熱的な振幅制限素子を含んだ回路にした時,その素子の熱的な時定数及び,その素子に流れる電流によっては,動作が非対称となる.これらによって超低周波領域での発振の歪みの原因となる.そこで本研究において,振幅制限用サーミスターの動作の非対称原因を解明し,発振周波数に対する時定数の関係を義論,増幅器には面接結合増幅器を採用し,超低周波領域における位相特性を理想的とした結果,発振周波数,約O.OO5Hzで歪率は,約0.5%以下という好結果が得られた.
URI: http://hdl.handle.net/11133/333
Appears in Collections:08号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要8号(P179-183).pdf648.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback