DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
08号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/314

Title: 成吉思汗推戴の辞と主従関係について
Other Titles: On the Vows and Oaths that Tribal Heads Raising Temujin to be Khan and the Relationship Between Khan and Subjects
Authors: 高原, 武雄
TAKAHARA, Takeo
Issue Date: 30-Mar-1973
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 成吉恩が第一次に即位した頃の蒙古の罕たちの社会的地位は,国王とか君主とかいうことのできない甚だしく不安定で,微弱なものであった.それにもかかわらず,族長たちが即位式で宣誓した罕推戴の辞には,忠順な臣下として奉仕の真心を卒直に表明している.そしてこのような草原社会を支える主従関係の規範は,やがて成吉思によるモンゴル帝国の創建の拠りどころとなったのである.
URI: http://hdl.handle.net/11133/314
Appears in Collections:08号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要8号(P127-131).pdf763.18 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback