DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
07号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/302

Title: ポリウレタンの改質 : 第3報 酢酸ビニルの添加による応力緩和と誘電緩和挙動について
Other Titles: ポリウレタンノカイシツ : ダイサンホウ サクサン ビニル ノ テンカ ニヨル オウリョク カンワ ト ユウデン カンワ キョドウ ニツイテ
Modification of Polyurethane : III. Stress and Dielectric Relaxation Behavior by the Addition of Vinyl Acetate for One-shot Reaction Systsm
Authors: 岡本, 弘
稲垣, 慎二
小嶋, 憲三
前田, 昭徳
山田, 英介
OKAMOTO, Hiroshi
INAGAKI, Shinji
KOJIMA, Kenzo
MAEDA, Akinori
YAMADA, Eisuke
Issue Date: 30-Mar-1972
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: アミン-エポキシ共触媒系でポリプロピレングリコールとトルエン-2,4-ジイソシアナートからワンショット法でポリウレタンを合成する際に酢酸ビニルVAcを添加してポリウレタンの改質を行った,VAc添加試科の応力緩和時間は増大し,ポリウレタンの欠点である熟的特性が大巾に改良された.この系においてはVAc添加量が8重量%のところに最適量が存在する.これに対応する結果が誘電緩和の実験からも認められ,添加量とともに増加する.これらのことはVAcが一次結合で架橋系に寄与しているためと考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/11133/302
Appears in Collections:07号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要7号(P97-100).pdf327.68 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback