DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.06 (2013) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/2828

Title: コンクリート充填鋼管短柱の圧縮靱性に及ぼす各種要因について
Other Titles: コンクリート ジュウテン コウカン タンチュウ ノ アッシュク ジンセイ ニ オヨボス カクシュ ヨウイン ニ ツイテ
Authors: 山本, 貴正
川口, 淳
伊藤, 崇晃
山田, 和夫
YMAMOTO, Takamasa
KAWAGUCHI, Jyun
ITO, Takaaki
YAMADA, Kazuo
Keywords: 標準強度
径厚比
降伏応力度
降伏比
残留応力
繊維補強
Issue Date: 10-Oct-2014
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: コンクリート充填鋼管(CFT)短柱の圧縮靭性に及ぼす各種要因について,既往の研究成果を活用して解析的に検討した。加えて,鋼繊維補強による高強度CFT短柱の圧縮靭性の改善を,実験的に検討した。その結果,i)コンクリートの標準強度および鋼管断面耐力比が同一で,鋼管に残留応力がないCFT短柱の圧縮靭性は,径厚比および降伏応力度の組み合わせの影響をほとんど受けない,ii)超高強度コンクリートを充填したCFT短柱の圧縮靭性を改善するには,極厚肉鋼管および超高張力鋼を使用する必要がある,iii)鋼繊維補強により高強度CFT 短柱の圧縮靭性の改善が認められる,などの結論を得た。
URI: http://hdl.handle.net/11133/2828
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震6号研究論文2(P19-24).pdf997.63 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback