DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
1.愛知工業大学研究報告 (1965-1975) >
07号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/281

Title: ポリウレタンの改質 : 第2報 各種ビニルモノマーの添加効果
Other Titles: ポリウレタンノカイシツ : ダイニホウ カクシュ ビニルモノマー ノ テンカ コウカ
Modification of Polyurethane : II. Compounding Effects of Vinyl Monomers.
Authors: 岡本, 弘
稲垣, 慎二
尾之内, 千夫
山田, 英介
OKAMOTO, Hiroshi
INAGAKI, Shinji
ONOUCHI, Yukio
YAMADA, Eisuke
Issue Date: 30-Mar-1972
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: アミン-エポキシ共触媒系を用いてポリプロピレングリコールとトルエン-2,4-ジイソシアナートからワンショット的にポリウレタンを合成する際に,ビニルモノマー(酢酸ビニル,アクリロニトリル,スチレン,メタクリル酸メチル)を添加し,その効果を検討した.ビニルモノマー添加試料の静的引張り強度は一般に無添加のものに比べて高値を示す.また,応力緩和時間もかなり長くなる傾向が認められる.しかし,添加量には最適値が存在し,はぼ5~8wt%であって, 10wt%以上では逆に物性的に劣るようになる.変性したポリウレタンを溶媒で抽出した結果,相当するポリマーは抽出されないことから,ビニルモノマーは単にホモポリマーの形でポリウレタン中に介在しているのではなく,一次結合的に架橋に寄与して存在ていると考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/11133/281
Appears in Collections:07号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要7号(P93-95).pdf245.58 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback