DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.04 (2011) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/2670

Title: ポストピーク領域における鉄筋コンクリート柱の繰り返し耐荷特性に関する実験的研究
Other Titles: ポストピーク リョウイキ ニオケル テッキン コンクリートチュウ ノ クリカエシ タイカ トクセイ ニカンスル ジッケンテキ ケンキュウ
Authors: 亀田, 好洋
鈴木, 森晶
水野, 英二
KAMEDA, Yoshihiro
SUZUKI, Moriaki
MIZUNO, Eiji
Keywords: 繰り返し曲げ
横拘束筋間隔
耐力-変位曲線
限界曲線
軸方向筋の座屈
P-δ効果
Issue Date: 7-Sep-2012
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: 本研究では「横拘束筋間隔」,「コンクリートの圧縮強度」および「載荷パターン」を要因としたRC柱の一方向繰り返し曲げ実験結果を基に,コンクリートの圧壊および軸方向筋の座屈に代表される繰り返し劣化性状がRC柱部材の耐荷性能に与える影響について検証した。その結果,軸方向筋の座屈には,載荷パターンの違いによらず,開始時点までに入力された累積吸収エネルギー量と横拘束筋間隔が大きな影響を与えるという知見を得た。
URI: http://hdl.handle.net/11133/2670
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震4号研究論文8(P79-84).pdf953.59 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback