DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
B.年次報告書 >
B2 耐震実験センター年次報告書 >
Vol.03 (2010) >
2.研究論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/2639

Title: 繰り返し力を受けるRC柱の破壊領域での主鉄筋座屈性状に関する研究
Other Titles: クリカエシ チカラ オ ウケル RC チュウ ノ ハカイ リョウイキ デノ シュテッキン ザクツ セイジョウ ニカンスル ケンキュウ
Authors: 鈴木, 森晶
水野, 英二
SUZUKI, Moriaki
MIZUNO, Eiji
Keywords: 鉄筋コンクリート柱
かぶりコンクリート
主鉄筋
座屈
破壊領域
初期不整
FEM解析
Issue Date: 7-Sep-2011
Publisher: 愛知工業大学耐震実験センター
Abstract: RC柱の変形性能には,横拘束筋な間隔などが大きく影響する。また,主鉄筋の座屈がポストピーク領域での挙動に大きな影響を与えるが,そのメカニズムは明解になっていない。本研究では,RC柱破壊領域での主鉄筋の座屈性状などを検証するため,「かぶりコンクリート」,「横拘束筋間隔」ならびに「載荷パターン」を要因とした載荷実験を行った。また,「横拘束筋間隔」および「初期不整」を要因とし,主鉄筋の座屈解析を行った。特に,ポストピーク領域における主鉄筋の座屈長ならびに座屈発生点と横拘束筋間隔との関係,さらには主鉄筋の初期不整(はらみだし量)との関係について実験的ならびに解析的な検討を行った。
URI: http://hdl.handle.net/11133/2639
Appears in Collections:2.研究論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
耐震3号研究論文6(P55-60).pdf1.15 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback