DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
2.愛知工業大学研究報告 .A(1976-2007) >
13号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1758

Title: 波多野宗教哲学の概要 : 生の三つの段階
Other Titles: ハタノ シュウキョウ テツガク ノ ガイヨウ : セイ ノ ミッツ ノ ダンカイ
An Outline of Hatano's Philosophy of Religion : The Three Stages of Life
Authors: 纐纈, 康兵
KOKETSU, Kohei
Issue Date: 31-Mar-1978
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 波多野精一の晩年の作品「時と永遠」の中で論述されている生の三つの段階, 自然的生, 文化的生宗教的生を素描する。波多野の宗教哲学の中でその中心を占める生の三つの段階を簡略に論ずることは容易ではないが, 彼によって日本の宗教哲学が世界の学問的水準に伍する端緒についたとするならば, 少くとも我国において宗教哲学を論ずる者は波多野精一を無視することができないであろう。にもかゝわらず, 彼が日本の学界においてあまりにも顧みられることが少いことを惜しみ, あえて拙文を呈する次第である。
URI: http://hdl.handle.net/11133/1758
Appears in Collections:13号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要13号A(P31-39).pdf1.21 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback