DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
2.愛知工業大学研究報告 .A(1976-2007) >
11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1739

Title: 成吉思汗の賞詞「大いなる道理」とその史的展開について(その 一)
Other Titles: チンギス ハン ノ ショウシ オオイナル ドウリ ト ソノ シテキ テンカイ ニツイテ ソノ イチ
On 'Grand Principle', the Commendatry Messages of Chingis Khan and their Historical Development Part 1
Authors: 高原, 武雄
TAKAHARA, Takeo
Issue Date: 31-Mar-1976
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 「元朝秘史」には, 「大いなる道理」という成吉思自身の語が二ケ所に見えている。その一つは巻五・巻九に見える「正主をすてることができなかった」といった納牙阿の忠誠心に対する恩賞の辞であり, その二は巻十一に載せられている「占領した敵の都はすべて成吉思合罕のものである」といった失吉忽禿忽への賞詞である。前者は彼を蒙古高原の統一者たらしめた主従意識の基調をなすものであり, 後者は草原帝国創建にあたって, 成吉思の国家組成の根本理念である。蒙古帝国建設途上, 成吉思によってこの二つの理念が, どのように展開確立せられたかについて述べる。但し本論においては, 紙数の関係上, 納牙阿の賞詞とその展開について, 社会的背景を顧慮しつつ論ずる。
URI: http://hdl.handle.net/11133/1739
Appears in Collections:11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要11号A(P1-10).pdf1.53 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback