DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
12号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1378

Title: 常時微動測定による名古屋地盤の振動特性と震害について
Other Titles: ジョウジ ビドウ ソクテイ ニヨル ナゴヤ ジバン ノ シンドウ トクセイ ト シンガイ ニツイテ
Observation of Microtremors and Seismic Characteristics of the Ground in Nagoya Area
Authors: 飯田, 汲事
正木, 和明
谷口, 仁士
IIDA, Kumiji
MASAKI, Kazuaki
TANIGUCHI, Hitoshi
Issue Date: 31-Mar-1977
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 名古屋市域81地点において常時微動の測定を行い,卓越周期,平均周期,最大振巾を求め,名古屋地盤の振動特性を調べた.また,これら諸量の相互関係から地盤種別の判定を行った.庄内川流域および南部臨海工業地域は卓越周期が0.5~1.0秒と長く,地盤種別もIII~IVであり,軟弱な地盤であることが明らかとなった.卓越周期が0.4秒ないし1.0秒の地域では被害率が大きいことを考慮すると,この地域での震害危険度は高いと言えよう.
URI: http://hdl.handle.net/11133/1378
Appears in Collections:12号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要12号B(P127-134).pdf908.49 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback