DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1354

Title: 環境汚染物質としてのクロムの分析法についての一考察
Other Titles: カンキョウ オセン ブッシツ トシテノ クロム ノ ブンセキホウ ニツイテ ノ イチ コウサツ
Opinion for Determination of Chromium as Environmental Contaminator
Authors: 太田, 洋
森, 鉄夫
OHTA, Hiroshi
MORI, Tetsuo
Issue Date: 31-Mar-1976
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 標準液を用いてJIS K 0102工場排水試験方法に従ってクロムの定量分析を行ったが,測定値が標準液の濃度値の78~89%の値しか得られなかったため,定量分析に影響する因子すなわち硫酸濃度の影響,液温,呈色後経過時間およびジフェニルカルバジドの経時変質による呈色の変化,エチルアルコール添加量,KMnO_4添加量,NaNO_2あるいはNaN_3の影響について検討を行なった結果,ほぼ100%の値が得られた.
URI: http://hdl.handle.net/11133/1354
Appears in Collections:11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要11号B(P147-150).pdf425.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback