DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1352

Title: 臭気調査の一例 : 強度分布と濃度分布の間の相関性(第3報)
Other Titles: シュウキ チョウサ ノ イチレイ キョウド ブンプ ト ノウド ブンプ ノ アイダ ノ ソウカンセイ ダイ3ポウ
Studies of Malodors Correlation between the Organoleptic and Chemianalytic Determinations of the Odor around a Kraft Pulp Mill (III)
Authors: 佐野, 惈
鶴泉, 彰恵
太田, 洋
SANO, Isamu
TSURUIZUMI, Akie
OHTA, Hiroshi
Issue Date: 31-Mar-1976
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 春日井市王子製紙(株)工場周辺の臭気調査を行なった(昭和49年7月19日および50年3月17日).上空についてはヘリコプターに搭乗,臭気を採取してこれをガスクロ分析し(硫化水素,メチルメルカプタンおよび硫化メチル),地上についてはガスクロ分析の他,嗅覚感能法により強度分布を測定した.その結果:(1)硫化水素が最も多く,臭気成分の65%前後を占めている,(2)臭気の嗅覚強度と物質濃度の間にWeber-Fechnerの法則が成立する などのことが認められた.
URI: http://hdl.handle.net/11133/1352
Appears in Collections:11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要11号B(P159-166).pdf769.62 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback