DSpace DSpace 日本語
 

AIT Associated Repository of Academic Resources >
A.研究報告 >
A1 愛知工業大学研究報告 >
3.愛知工業大学研究報告 .B(1976-2007) >
11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11133/1345

Title: 1944年東南海地震の地変,震害および発生について
Other Titles: 1944ネン トウナンカイ ジシン ノ チヘン シンガイ オヨビ ハッセイ ニツイテ
On the Earthquake damage, Crustal Deformation and Occurrance of the Tonankai Earthquake, 1944
Authors: 飯田, 汲事
IIDA, Kumiji
Issue Date: 31-Mar-1976
Publisher: 愛知工業大学
Abstract: 1944年12月7日に発生した東南海地震の震害資料を新たに調査収集して従来の数値を更新した.またこの地震の震害,地変などの解析から東海道地震と考えられることを示した.この地震の発生と関連して東海・南海道沖に震央をもつ過去の大地震の発生系列を調べたが,著しい特徴のあることがわかった.すなわち大部分の地震は最初に東の海域の遠州灘,熊野灘の沖合地域に発生し,次に若干時間の後に西の海域の紀伊半島沖から四国沖にかけての地域に続発的に発生していることである.
URI: http://hdl.handle.net/11133/1345
Appears in Collections:11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
紀要11号B(P85-94).pdf1.23 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback